CHOCOLATE 三段重 京都吉兆×es koyama

昨年のバレンタインの記事がたくさん埋もれていて…
せっかくなので、ちょっとずつ紹介していきます(^-^;
今回は、「エスコヤマ」さんの大丸限定商品、「京都吉兆」さんとのコラボチョコです。

「CHOCOLATE 三段重 京都吉兆×es koyama」 3456円
小山三段チョコ (1)
“揚げ湯葉、揚げ昆布、揚げ牛蒡。口に入れた瞬間から余韻まで堪能できる、世界のショコラ愛好家が羨むようなスペシャルアソートです。”

小山三段チョコ (2)
日本食材とのコラボがおもしろそうで購入~

それぞれの説明はこんなかんじ~↓↓
小山三段チョコ (3)

小山三段チョコ (4)

小山三段チョコ (5)

小山三段チョコ (6)
左から、「揚げ湯葉」「揚げ昆布」「揚げごぼう」

小山三段チョコ (7)
中はこんなかんじで、それぞれ素材のフリーズドライの粒々が入ってます。

「揚げ湯葉」
小山三段チョコ (8)
“徳岡総料理長が、揚げ昆布の虜になった小山シェフの好みを意識して考案。 大豆の豊かな風味と上品な口当たりが特長の生湯葉を、油で揚げることによって水分0%のサクサク食感に。 この素材を使って、小山シェフがホワイトチョコレートに合わせました。 豆と牛乳が融合した“乳味感”を楽しめる、ミルキーなタブレットをどうぞ。”

ホワイトチョコレートにサクサクの湯葉が入ってます。
確かにマイルドな乳味感がしっかりして、ミルキーなホワイトチョコとマッチして美味しい~
☆3.5点

「揚げ昆布」
小山三段チョコ (9)
“小山シェフがおかわりするほどやみつきになったという、昆布を糸状に細かく刻んで素揚げした“糸昆布”を使用。 そのまま使うだけでなく、パウダー状にしたものも用い、プチっとした食感や豊かな味わいを実現。 心地よい余韻を堪能できる、コスタリカ産カカオを使ったミルクチョコレートのナッティーな風味もポイントです。”

ミルクチョコレートに粒々昆布が入ってます。
これはがっつり磯の香りがします。
最初わりとクセが強いなあ~と思ったけど、コリコリした食感も楽しく、食べてるうちにクセになる味わいでした。
☆3.6点

「揚げ牛蒡」
小山三段チョコ (10)
“「チョコレート×牛蒡」は、小山シェフが温めてきたテーマ。 牛蒡の風味が詰まった真空常温乾燥のパウダーをはじめ、深揚げと浅揚げの牛蒡チップスを1:1の割合で使いました。 食材の苦みをホワイトチョコレートが中和し、深揚げと浅揚げの絶妙なバランスで味わいが深化。 徳岡総料理長と小山シェフの経験やアイデアが融合した一品です。”

ミルキーなチョコの味わいの後に、ふわ~っと牛蒡の風味が広がります。
食べやすくて美味しかった~
☆3.7点

どれもチョコがしっかり分厚くて好みなかんじ~
チョコ自体が美味しいし、素材の味がしっかり活きてて美味しかったです~

今年はまた別のタブレットチョコ買ったのでまた紹介します~

【私的評価:3.7点】

ル ショコラ ドゥ アッシュ

去年のバレンタインに買った、辻口博啓氏が創作するショコラトリー「ル ショコラ ドゥ アッシュ」さんのチョコレートを紹介です。
味噌や桜など、大好きな和の素材とのマリアージュに惹かれて購入~

「2016 REVOLUTION」
ルショコラドゥアッシュ (1)
゛2016年C.C.C.のコンセプトは、発酵と発酵のマリアージュである。 
カカオ豆の発酵による味わい(香り)の広がりと、液状の素材そのものを発酵させガナッシュにすることで、今まで感じることのできなかったより深い味わいのボンボンショコラを作り上げることに成功したのだ。〝


ルショコラドゥアッシュ (2)

○No.1 エクアドルへのオマージュ
゛エクアドルの震災が私の心を大きく揺さぶった。エクアドルの方々にささげるショコラとして全てエクアドルのカカオを使用し作製した。カカオバルブを米糀で発酵させ、ふくよかで重厚な素材へと昇華させたのだ。米糀発酵のカカオバルブを使いローストしていないエクアドルのカカオ分70%のガナッシュと、華やかなエスメラウダのカカオ分60%のガナッシュで2層のボンボンショコラを作りました。熟成されたカカオフリュイの味わいを感じて頂ければと思います。〝

上層が「ガナッシュ エスメラウダ ショコラ ノワール 60%」下層が「ガナッシュ エクアドル ショコラ ノワール 70%」で、周りは「エンロービング ショコラ ノワール」です。
カカオの味が濃厚で美味しい。


○No.2 9年みそとシークワーサー
゛日本の食にかかせない“みそ”を9年間熟成・発酵させた深みのある素材とし、カカオ分41%のショコラ オ レを合わせました。そしてもう一層は沖縄のシークワーサーとエクアドル産アリバ・ナシオナル主50%のショコラ オ レを合わせました。シークワーサーのもつレモンとカボスを合わせた独特の酸味が、発酵と発酵のマリアージュによって開花された、重厚な味噌ガナッシュの層との調和を表現することができました。〝

上層が「ガナッシュ ショコラ オレ シークワーサー」で、下層が「ガナッシュ ショコラ オレ みそ」、周りは「エンロービング ショコラ ノワール」です。
味噌の味わいとシークワーサーの爽やかな風味がマッチして美味しかった。


○No.3 納豆と島とうがらし
゛日本における発酵食品として、もっとも親しみのある素材“納豆”をショコラプラリネとして作り上げました。納豆の持つ口の中で広がる独特の食感を、自家製プラリネノワゼットと、マダガスカルのカカオクリオロの持つ深く華やかな味わいと酸味をもったカカオ分51%のショコラ レを合わせ、そこに沖縄産島とうがらしをアクセントに加えることで作品の完成度をさらに高めることができました。唯一無二のオリジナルショコラプラリネです。〝
中は「納豆と沖縄産島とうがらしのプラリネ」で、周りは「エンロービング ショコラ ノワール」です。
プチプチの食感がいいかんじ。
納豆の風味はよくわからないけど、ピリッとした辛みがアクセントになって美味しかったです。


○No.4 桜とライチ
゛桜の香りを1粒のボンボンショコラにと思い、幾度となく繰り返した旅の中でライチと出会いました。下の層にライチ果汁とカカオ分75%ペルー産ショコラ ノワールでガナッシュを作りました。センター部分にライチのパートドフリュイをしのばせ、上の層には桜の葉のエキスと米糀で発酵させたカカオバルブを、その素材に生クリームを加えピュレ状にしたものに、カカオ分39%のショコラ オ レを合わせたガナッシュをサンドしました。3層がおりなす、オリエンタルな発酵の調和を楽しんでいただきたい。〝

上層が「ガナッシュ ショコラ オレ 桜の葉」、中層が「パートドフリュイ ライチ」、下層が「ガナッシュ ショコラ ノワール ライチ」で、周りは「エンロービング ショコラ ノワール」です。そして「桜の花びら」がトッピング。
どちらかというと、ライチの風味が全面に出てるけど、ふわ~っと桜の風味もして華やかな味わいでした。


変わったフレーバーのショコラが味わえて美味しかったです。
今年は2017年バージョンが出てるみたいです。


【私的評価:3.5点】

パティスリー ラヴィルリエ エクリプス

前回に引き続き、阪急うめだ本店のチョコレート博覧会でいただいたスイーツを紹介します。
こちらでは大阪で有名なパティスリーも出店されていて、ケーキも会場でいただくことができます。
普段なかなか行けないパティスリーのケーキがいただけて嬉しい~

20180213235011645.jpg
美味しそうなケーキがずら~

20180213235012363.jpg
特にこちらのチョコと抹茶のケーキが気になりました。
テカテカ輝いてます!
パンフレットにも掲載されていた商品です!

「エクリプス」 648円
20180213235104a01.jpg
゛ミルクチョコのクリームに、抹茶のフォンダンショコラ、パッションフルーツのジュレをあわせました。〝

201802132351039de.jpg
チョコのデコレーションがスタイリッシュなかんじ。
表面のチョコグラサージュも、深緑色で重厚なかんじ。

20180213235014597.jpg
これオススメなだけあって美味しい~
まずミルクチョコムースが甘いけど、すーっとなめらかに溶けていくかんじで美味しい~
そして中の抹茶のフォンダンがこれまたウッマー!!
゛フォンダン〝ということで、とろーり柔らかいのかなあと思っていたけど、ずっしりガナッシュみたいなかんじです。
それでもめっちゃ口どけが良くて、口の中でじわ~っと溶けていくかんじ。
抹茶の風味もめっちゃ濃厚です!
そして最後にパッションフルーツの酸味がやってきて、味全体を引き締めます。
ボトムはサクサク生地。

一見変わった組み合わせだけど、ミルキーなチョコムースと、ほろ苦い抹茶フォンダン、酸味の効いたパッションフルーツジュレが絶妙にマッチして、ほんと美味しかったです。

【私的評価:3.7点】

阪急うめだ本店 チョコレート博覧会 エクチュア チョコミントソフト

阪急うめだ本店で開催されている「チョコレート博覧会」
とにかくすごい人ですが、期間中何度か足を運びました。
そこでいただいたスイーツを紹介します~

「エクチュア チョコミントソフト」 500円
20180213235009bb9.jpg
ミント色してないチョコミントアイスってめずらしい~

20180213235008990.jpg
これ美味しい~
めっちゃなめらかな舌触りで、ふわ~っとミントの風味が広がります。
チョコチップも食感のアクセントでグー。
ザクザクかためのココアコーンも美味しかったです。

【私的評価:3.5点】

パティシエ エスコヤマ フィアンティーヌ ショコラ

バレンタイン時期に販売される、「エスコヤマ」さんの「ヌガティーヌブリュッセル-es」(こちらの記事)がお気に入りだけど、今回同じシリーズのこちらを初めて買ってみました。

「フィアンティーヌ ショコラ-es」 100g 1296円
コヤマフィアンティーヌショコラ (1)
゛まるで紙のように薄く焼き上げたクレープのフレークとアーモンドのキャラメリゼを、たっぷりのチョコレートで絡めて。 味の主役となるチョコレートは、カカオ分40%のショコラ・オレ。ミルクチョコレートでありながらしっかりとカカオらしさが感じられ、まろやかな味わいが特徴です。〝


コヤマフィアンティーヌショコラ (2)
ザクザクとしたクランチチョコみたいで美味しかったです。
でもやっぱり「ヌガティーヌブリュッセル-es」の方が断然好きだなあ。

【私的評価:3.3点】
01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

くみちょこ

Author:くみちょこ
☆性別:女
☆住んでるところ:京都府
☆趣味:美味しいスイーツを食べること♪ショッピング♪
☆好きなスイーツ:ずっしり系のチョコ菓子、こしあんの和菓子、クリームパン、スコーン、桜スイーツ、かぼちゃスイーツetc…
☆苦手なもの:肉の脂身、うなぎ、ホルモン、生クリーム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR